『自動車 保険 見積』

車を運転する人なら誰もが加入する事になるであろう,自動車保険。自動車保険は,1998年の
保険の自由化以降に劇的に変わったのです。それまでは,自動車保険は,どこの会社でも,
条件が同じであれば保険料は同じでした。そのため,自動車保険の満期が来たら,ほぼ同じ会社
での更新となっていました。
しかし,自由化によって同じ条件であっても,会社によって自動車保険の保険料や保障が全然
違う今は,賢く自動車保険の見積をして,各社の自動車保険を比較することがとても大事なの
です。

自動車保険の見積は,今やインターネットで簡単に行うことができます。自動車保険の見積を
するときに,必要なものは免許証,そして車検証,今現在加入している自動車保険の保険証券
です。
自動車保険の保険は,車の車種や年式,走行距離によっても変わってくることとなります。
また,自動車保険という保険には色々な割引きがあります。
安全装置がついているかついていないかによる割引きなどです。例えばABSが搭載されている車
は5%の割引きで,エアバッグが装備されている車は10%の割引きになったりするわけです。
このように,様々な車のスペックによって,自動車保険の保険料や補償額は変わってくることと
なります。

『自動車 保険 比較』

自動車保険に限らず,保険というものは,沢山の商品が日々登場しているので,どの商品を
選べば良いのか,どの会社を選べば良いのかなどがわからなくなりがちです。
そこで,自動車保険に加入しようとしている時は,自動車保険の様々な会社の商品の比較が
重要となってきます。

自動車保険を比較することによって,自動車保険の保険料は確実に安くなってきます。
最近では,自動車保険の比較はインターネットを使う事によって簡単に行う事ができます。
車検証などを目の前に置いて,簡単な入力をするだけで自動車保険の比較を行う事もできます。

自動車保険の比較のポイントは,自動車保険の保険料の違いや,各種の割引制度はもちろん,
保障の保障内容(基本保障や特約,車両保険についてなど)をしっかりと見ることです。
また,自動車保険では,事故にあった場合などのサービスやフォロー,無料ロードサービスが
ついているのかなども重要となってきます。
自動車保険の比較をする時には,これだけは譲れないという保障の優先順位を決めましょう。
また,比較的安い保険会社も存在しますので,安い保険会社を選べば自動車保険の保険料も
安くなるということになります。

『自動車 任意 保険』

自動車保険は大きくわけて二つにわけられます。その自動車保険の種類のうちのひとつめは,自賠責保険
という自動車保険です。この自賠責保険という保険は,自動車を運転する人が必ず加入する
ことになる,強制保険とも呼ばれている自動車保険です。
もうひとつの保険は,任意保険という保険で,その名の通り加入することが任意になっている
自動車保険のことです。

強制保険の自賠責保険でカバーできる補償の範囲は,事故を起こした場合に相手が怪我を
したり死亡したりした場合の対人の補償のみなのです。しかもその自賠責の自動車保険の
補償額には限度額があります。
そこで,任意保険の自動車保険の出番なのです。事故を起こした時に自分や相手の車の修理代や
公共物を破損した場合の修理代,自分の怪我の医療費や車両が盗難にあった場合などの補償を
してくれる自動車保険が,任意保険なのです。
この,任意保険という自動車保険の中には色々な保障の種類があります。
事故で物を壊してしまった時に保障する対物保険や,同乗者を保障する保険,自己を保障する
保険,車両が盗難にあった場合の保険などいろいろな保障があるので,あらかじめ自分で
必要だと思ったものに加入をしておくことがとても安心だといえます。

『東京 海上 自動車 保険』

自動車保険の見直しや新規加入などを考えているなら,東京海上の自動車保険がおすすめです。
東京海上の自動車保険は,家庭用総合自動車保険となっていて,『トータルアシスト』
という名前が付いています。
このトータルアシストという東京海上の自動車保険のモットーは,「事故の防止から事故後の
ケアまで」です。
この東京海上の自動車保険,トータルアシストは主な自家用車をご利用の個人のお客様専用の
商品となっています。
そして,東京海上の自動車保険は万が一の事故やトラブルの際に安心なのはもちろん,
東京海上の自動車保険は,万が一の事故やトラブルを未然に防ぐための情報も発信してくれ
るのです。

万が一,事故や故障などのトラブルがあった場合,東京海上の自動車保険のロードアシストは
24時間365日,フリーダイヤルで対応してくれます。
自走が不能となった場合のレッカー移動は,JAF会員であれば距離の制限がありません。
また,道路上や自宅駐車場でトラブルが起きた場合には,東京海上の自動車保険であれば,
30分程度で対応可能な修理ならば,緊急修理を行ってくれます。
また,道路上で燃料切れでガス欠となってしまった場合には,1年に1回までの利用であれば,
東京海上の自動車保険であれば,現場に急行して,ガソリンを10リットル届けてくれます。

『ソニー 損保 自動車 保険』

年間走行距離が少ない人で,新たに自動車保険をお探しの人には,ソニー損保の自動車保険を
是非考えて頂きたいと思います。
ソニー損保の自動車保険は,特に年間走行が11000キロ以下の人ならば絶対にお得な内容に
なっています。

ソニー損保の自動車保険が,数多くある自動車保険の中で選ばれる3つの理由というものが
あります。
まず,一つ目に「保険料は走る分だけなのでお得」というのがあります。ソニー損保の自動車
保険は,1年間に走る分だけ支払いをすればよい,という合理的な自動車保険なのです。
二つ目に,「ソニー損保の自動車保険はロードサービスが充実している」というのがあります。
レッカーは20kmまで無料なので,事故だけではなく,故障の時にもソニー損保の自動車保険
はとても安心なのです。
三つ目に「安心の事故対応」というのがあります。ソニー損保の自動車保険なら,補償も
サービスもしっかりしているので,納得がいくまで丁寧な対応をしてもらえるのです。
また,ソニー損保の自動車保険が気になっているのなら,是非公式サイトで見積りをしてみて
ください。インターネットからであれば,最大3000円がオフになります。

『損保 ジャパン 自動車 保険』

損保ジャパンの自動車保険は『One-do』という名前の自動車保険です。「えらぶ」ではなく
「つくる」をモットーにした自動車保険,損保ジャパンの自動車保険。
損保ジャパンの自動車保険は,ニーズ細分型の自動車保険で『One-do』という名前の自動車
保険となっています。
この損保ジャパンの自動車保険『One-do』は,業界初の新しい契約プロセスを持つ自動車保険
です。「保険をもっと便利に,もっと身近に」をコンセプトにできた自動車保険です。
ひとりひとりのニーズに合わせて自動車保険を「えらぶ」のではなく「つくる」。これが
損保ジャパンの自動車保険のコンセプトです。

損保ジャパンの自動車保険『One-do』の契約手続きは,完全なキャッシュレスとなっていて,
とても便利なものです。保険料は保険始期の翌月に口座から引き落とされることとなるため,
自動車保険の契約時に現金は不要です。

損保ジャパンの自動車保険『One-do』の補償内容は,ひとりひとりのニーズに対応ができる
補償内容を可能とした「ニーズ細分型補償」です。
損保ジャパンの自動車保険の主な補償内容は「対人・対物賠償保険」「人身傷害補償保険」
「車両保険」「事故・故障代車費用保険」の他に,「人身介護パック」「弁護士費用特約」
「他車運転危険担保特約」なども損保ジャパンの自動車保険の補償内容のひとつです。

『自動車 保険 等級』

自動車保険の契約の中で,等級ということばが出てきます。自動車保険の等級についてよく御存じ
ない人が多いと思うので説明しましょう。
一般的に,私達が自動車保険に加入するときには,ノンフリート契約という自動車保険で
加入することになります。ノンフリート契約とは,契約者が所有,または使用する自動車の
総台数が9台以下の自動車保険の契約のことを言います。1台につき自動車保険1契約となり,
保険料はそれぞれの自動車によって違ってきます。ちなみに,もしも10台以上であるならば,
フリート契約の自動車保険に加入することになり,その場合は,前車が自動車保険1契約で
管理されることとなります。

自動車保険において,等級というものはとても重要です。自分が今何等級で,等級が変わると
どうなるのかを確認することは,自動車保険の保険料を考える上でとても大切なことです。
等級があがるときは,毎年1等級ずつ,下がる時は,1事故3等級ずつです。
例えば,自動車保険の契約を継続・更新する場合には,1等級の人は50%割増になってしまい
ます。反対に,16等級以上の人は60&割引きになります。
自動車保険に新規加入する場合には,6等級からスタートすることとなります。

『チューリッヒ 自動車 保険』

自動車を運転する人にとって,気になるのが自動車保険。普段気を付けて運転していても,いざという
時に自動車保険に加入しているのと自動車保険に加入していないのでは安心の度合いが違います。
チューリッヒという保険会社の自動車保険はスーパー自動車保険という名前がついています。
数ある自動車保険の中から,チューリッヒの自動車保険,スーパー自動車保険が選ばれている
理由とは,なんでしょう。それは,なんといってもチューリッヒの自動車保険の保険料がとても
リーズナブルであることです。
また,チューリッヒの自動車保険の保険料算出の仕組みは,ひとりひとりのリスクに合わせて
合理的に自動車保険の保険料を算出してくれるようになっているのです。
例えば,運転する地域,運転する人の年齢,年間予定走行距離,車の使用目的などによって
チューリッヒの自動車保険の保険料が変わってくることになるのです。

また,チューリッヒの自動車保険にはさまざまな割引きがあり,保険料をセーブしてくれます。
安全運転者割引,新車割引,ゴールド免許割引,エコカー割引,安全運転講習会受講割引,
インターネット割引などがあります。
また,24時間365日対応のカスタマーセンターがチューリッヒの自動車保険ではあるので,
きめ細やかなサポートを受けることができます。

『自動車 自賠責 保険』

自動車保険には必ず加入しなければならない自動車保険と,加入が義務づけられていない任意の自動車
保険があります。
自動車保険の種類の1つめは,全ての運転者が必ず加入しなければならない,加入することが
義務づけられている,強制保険と呼ばれる保険です。この自動車保険を「自賠責保険」と
呼びます。
もうひとつは,加入することが任意となっている保険で,この保険は「任意保険」と呼ばれて
います。今日は前者の自賠責保険という自動車保険について見てみたいと思います。

自賠責保険という自動車保険は,正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。
この自賠責保険という自動車保険は,「交通事故の被害者が泣き寝入りをすることなく,
最低限の補償を受けることができるように」と国が始めた保険制度のことです。公道を走る,
全ての車やバイクに加入が義務付けられている自動車保険です。
しかし,この自賠責保険という自動車保険は最低限の補償を目的とした自動車保険のため,
補償内容も限度があるのです。例えば,万が一事故を起こしてしまった場合に,この自賠責保険
で補償してくれるのは,相手の人が怪我や死亡した場合のみとなるのです。しかも,この
補償額には限度額が設定されています。そのため,万が一の時に自分や同乗者を補償してくれる
自動車保険が,任意保険となるのです。

『自動車 保険 ランキング』

自動車に関する保険,自動車保険。万が一の時に役立つ安心な保険が自動車保険です。
自動車保険のランキングを見るとどのような自動車保険が選ばれているのかわかります。
この自動車保険のランキングは,単なる数字ではなく,各保険会社の努力の結果となるのです。

2005年度の自動車保険のランキングを見ていくことにしましょう。
まず,自動車保険市場でのシェアランキングです。損保大手グループと言われる大手5社が
ランクインしました。
1位が東京海上日動の自動車保険。2位が損保ジャパンの自動車保険。3位が三井住友海上の
自動車保険,4位があいおい損保の自動車保険,5位が日本興亜の自動車保険というランキング
の結果になっています。
また,自動車保険の事故対応満足度ランキングというものもあります。
その1位はセコム損保の自動車保険,2位はAIU保険会社の自動車保険,3位は三井ダイレクト
の自動車保険,4位は全労済の自動車保険,5位がソニー損保の自動車保険となりました。
このランキングは,初動が的確で迅速であるかどうか,支払いのスピードが速いかどうか,
交渉経過をちゃんと中間報告するのか,対応が横柄でなく丁寧か,などがポイントと
なっています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。